バルトレックス

バルトレックス服用で起こる重篤な副作用とは?

バルトレックスは、バラシクロビルを主成分とする抗ウィルス薬です。
水痘・帯状疱疹ウィルスが原因となって起きる水疱瘡や帯状疱疹、単純ヘルペスウィルスが原因となって起きる口唇ヘルペスや性器ヘルペス、カポジ水痘様発疹症の治療に使われます。

バルトレックスには副作用があまりなく、安全性の高い薬ですが、人によっては重篤な副作用が出る危険性もあります。
この薬の有効成分であるバラシクロビルはプロドラッグであるため、体内での作用時間が長く、それだけ成分が体外に排泄されるまでに時間がかかるのが特徴です。
そのため、高齢の人や腎臓の病気にかかっている人などでは、この薬を使用する際に十分に注意する必要があります。

バルトレックスの主な副作用としては、頭痛やめまい、眠気などを挙げることができます。
また、喉や口のなかの痛みなどの皮膚症状が出ることもあります。人によっては腹痛や下痢などの胃腸症状を引き起こします。

とくに注意が必要なのは、頭痛やめまいなどの精神神経症状です。
重い副作用が出た場合には、意識がもうろうとしたり、幻覚症状などが出る場合もあります。
また、手足のけいれんを起こしたり、混乱・興奮状態になることもあります。

以前にこの薬でアレルギーを起こしたことがある人や、アレルギーなどの持病を持っている人は、十分に気をつけた上で使用するようにしましょう。
意識の低下が起こりやすい人は、バルトレックスを服用した際には自動車を運転するなどの危険な作業や高所での作業は避けるようにしたほうが良いです。

皮膚症状でも重篤な症状が出ることがあります。皮膚や粘膜が弱い人では、発疹や発赤が出来て皮が剥けたり、口のなかがただれることもあります。
また、目の充血や腫れなどが起こる人もいます。こういった副作用が出た場合には、すぐに病院を受診して医師に相談するようにしてください。

その他の重い副作用としては、薬を飲んだ際に急性の腎不全を起こすこともあります。
急性腎不全を起こした場合、尿量が少なくなったり、出にくくなったりします。また、尿の濁りや血尿が見られる場合もあります。
腎不全は重症化すると全身のむくみや倦怠感、血圧上昇などの症状につながることもあるので注意するようにしましょう。

通販でバルトレックスを買う場合は偽物に注意

バルトレックスは医薬品であるため通常は病院で処方箋を書いてもらい、薬局から処方してもらうことになります。
しかし、現在では個人輸入という方法があり、バルトレックスを通販で買うことができます。
個人輸入を利用する場合には処方箋が必要ないため、誰でも薬を購入できるようになっています。

しかし、個人輸入を行っている会社のなかには悪質なところも多く、偽物を購入してしまったというケースが後を絶ちません。
なかには粗悪品をつかまされてしまい、重い副作用が出てしまったという人もいます。
個人輸入を利用して医薬品を購入する場合には、十分に注意して信用できる会社を選ぶということが大切です。

バルトレックスを通販で購入する場合ですが、まずこの薬には先発薬だけでなくジェネリックの製品も存在しているということに注意しておきましょう。
個人輸入を取り扱っているサイトのなかには、ジェネリックの製品にもバルトレックスという名前を付けて販売しているところがあります。

ジェネリック医薬品は有効成分は先発薬と同じですが、添加物や味などが異なるために人によっては合わないこともあります。
個人輸入を行っているサイトでは、その薬が先発薬であるかジェネリック医薬品であるかを明記している場合もあるので、十分に注意してから購入するようにしてください。

また、明らかな偽物が販売されていることもあります。
しかし、偽物の薬は外見上は精巧に作られていることもあり、写真だけでは区別がつかないこともあります。
その場合には、本物のバルトレックスと並べて比較してみるのが良いでしょう。

偽物の薬はわずかですが本物より大きかったり、または小さかったりします。
色や形などが微妙に異なっていることもあります。
どうしても偽物を購入してしまわないか心配な人は、まずは病院で処方してもらい、通販で送られてきたバルトレックスと比べてみて本物かどうかを実際に確かめてみるのが良いです。